中学受験専門 塾別対策法

日能研対策

日能研の最大の特徴とも言われるのはカリキュラムテスト(通称カリテ)であり、毎週行われます。このテストで1週間の学習の成果を試すわけですが、次の週の勉強に追われてしまい、なかなか復習まで手が回らないとういうのが現状です。

さらに、日能研は予習を行わないように指導しているのですが、当の授業だけで内容を理解するのは難しいことです。また、日能研の生徒に共通する特徴もあります。
それは、 暗記だけに頼った勉強になりがちだということです。
日能研では、このような生徒が本当に多いのも事実です。

そこで、カリテ対策も含め、本当の学力が身に付くようにします。

サピックス対策

SAPIX に関して少しでも知っている方は、ご存知かと思いますが、 最難関受験者のための塾です。
SAPIXが授業ごとに配るプリントの他、基礎トレ、その他の副教材など学習量はとても多く、全てをこなすことは不可能です。さらには、サピックス生が陥りやすい点として、ウイークリーテストは良いのに、マンスリーや模試になるとガクンと下がったり、難しい問題を解く傾向になりがちで、逆に簡単な問題のケアレスミスが信じられないほど増えるなど本末転倒のご相談も多数いただいております。

全クラスとも、やるべきことが多いために、「難しい問題を解く」事が目的になってしまっている生徒が多いのです。サピックスでは、問題の取捨選択をすることが非常に大切です。

四谷大塚対策

四谷大塚では、日曜テストを受けるとさも成績が上がるように言いますが、そんなことは絶対にありません。日曜テストに出席して、短時間の解説授業を受けることで成績が上がるのならば、皆さん受けているはずです。
逆に近年は、レギュラーの授業だけ受けて、土日は家庭学習でしっかり基礎固めをされる方が非常に増えていますしかし、裏を返せばしっかりとした家庭学習の習慣が定着していないと、成績はなかなか伸びません。
逆に、一週間単位で万全な計画を立てれば、大きな成績アップが望めます。